Marty Ballet Pre Competition

審査員

Iain Mackay/イアン・マッケイ


 

Royal Ballet School International Artistic Manager 

英国ロイヤルバレエスクール国際芸術監督


Born in Glasgow, Scotland, Iain trained at the Royal Ballet School. 

In 1999 he joined the Birmingham Royal Ballet under the direction of David Bintley where he rapidly rose through the ranks of the company becoming a Principal dancer in 2003. In 2007 Iain joined Corella Ballet Spain - a company founded by the international ballet star Angel Corella. There he performed Principal roles in all the company’s repertoire before re-joining Birmingham Royal Ballet in 2010, finishing his dance career in January 2018. 

During his career Iain danced all of the leading roles in the classical repertoire. He also created several roles in David Bintley’s ballets as well as other creations by a number of prominent choreographers. 

 

Since 2018 Iain has been Director of the Yorkshire Ballet Seminars. He was appointed the first Male Dance Ambassador for the Royal Academy of Dance 2014, was a Trustee for The Royal Academy of Dance 2014 – 2020 and has been a Governor of The Royal Ballet Companies since 2020.

 

 

スコットランドのグラスゴーで生まれる。

ロイヤルバレエ学校でトレーニングを受ける。 1999年にデビッドビントレーの指導の下でバーミンガムロイヤルバレエに入団し、2003年プリンシパルダンサーまで急速に昇格。

2007年国際バレエスターのアンヘルコレーラによって設立されたカンパニーであるコレーラバレエスペインへ入団。そこで彼は、すべてのレパートリーで主要な役割を果たす。 2010年にバーミンガムロイヤルバレエに再入団し、2018年1月にダンスのキャリアを終える。

 

彼のバレエキャリアの間に、クラシックレパートリーのすべてのプリンシパルロールを踊り、デヴィッドビントレーのバレエや、多くの著名な振付師による作品を踊りました。 2018年以来、イアンはヨークシャーバレエセミナーのディレクターを務める。

ロイヤルアカデミーオブダンス2014の最初の男性ダンスアンバサダーに任命され、ロイヤルアカデミーオブダンス2014 – 2020の評議員を務め、2020年からロイヤルバレエ団の知事を務めています。